利用者さんの感謝と
楽しんでいる姿が
毎日のチカラになります。

障害者支援施設 白百合園 生活支援員 入社3年

上野 七海うえの ななみ

仕事内容を教えてください
障がい者の食事・入浴・着替えなど、日常生活でできないことをサポートしています。同じ流れじゃないと嫌な方、モノへのこだわりが強い方など、ひとりひとりの個性を大切に、皆さんの生活の流れに合わせながら行います。また毎日15分ほど室内歩行をしたり、ときにはお散歩に出かけたりしています。
入社のきっかけは?
別府にある短大の保育科で学んでいました。在学中に保育園、幼稚園、障がい者の3つの施設での実習があり、障がい者施設に行って興味を持ったのがきっかけです。実習のとき、利用者さんが小さなことでも「ありがとう」と言ってくれたり、話せなくても笑ってくれたり、いろいろな反応を見て、その方のためになったことを実感できたんです。
とても印象に残って、そういった方のために、少しでもサポートできたらいいなと思いました。当時、みのり村に実習に行った同級生が3~4人ほどいて、みんな「雰囲気がいい」「仲が良い」と言っていました。いい評判を聞いていたので、みのり村を選びました。
職場の雰囲気は?
幅広い年齢層の職員がいますが、相談も親身に聞いてくれて、みんな仲がいいですね。仕事はみんなで協力して、お互い支え合いながらできていると思います。休日は交代制なので、自分の休みたい日があれば、優先して取れるようになっています。なんでも話しやすいので、とても働きやすい環境です。
仕事の魅力、やりがいは?
利用者さんが「ありがとう」と言ってくれたとき、日々の活動や行事で楽しんでいる姿を見るのが喜びです。私もがんばろうという気持ちになるし、一層利用者さんのために力を入れたいなと思います。
これからの夢・目標は?
まずは現場で勉強を重ねて、徐々に社会福祉の資格にチャレンジして、もっと専門知識を深めていきたいなと思います。
未来の後輩にメッセージ
私もはじめは、利用者さんとどう関わっていいかわからなくて、やっていけるかどうか不安でした。でも上司や先輩が親身にサポートしてくれて、その都度どうしたらいいか解決できたし、とても感謝しています。
利用者さんは人懐こくて、関わりが好きな方も多いので、すぐに打ちとけることができると思います。まずは一度見学に来てほしいなと思います。